Enjoy the true!

LESSON

LESSON

<声楽の個人レッスン・独唱のためのプライベートレッスン(田端教室、我孫子教室)>

レッスンでは、これまで私を導いてくれた全ての方々からの教えや自分自身の知識・経験を駆使して、目の前のレスナーに今一番適した発声方法やトレーニング方法を選び、伝えることをしています。

本当の事を知りたい方、「からだ」が喜ぶ発声法やそのテクニックを掴みたい方と出会いたいと願っています。

「からだ」で歌えるようになると、なぜこのメロディーになっているのかという必然性をからだで感じることもあります。

なぜ本人は歌わないモーツァルトがこんなにも歌うことを理解していたのか、畏敬で感動する時が来ます。

さあ、一緒に声を、からだを、音楽を楽しみましょう!

 

○レッスン代:お一人様1回通常15,000円/45分

○場所:JR田端駅徒歩3分スタジオアンダンティーノ(東京都北区田端5-1-12 Villa Andantino 1、2階)https://studio-andantino.com/access.html

○お問い合わせ:メールアドレス info@nors-m.com

○その他:日時、他の場所でのレッスン等、ご相談ください。

 

<レッスンコース>

「上手になるのには、長い時間がかかる」そう思って、お稽古を始められない皆様へ

できるようになることと上手になることを、分けて考えてみませんか?

まず、できるようになる。しかも、できるだけ時間をかけずに早く。

上手になっていくのは、その後。できたことを楽しみながらなされば良いのです。

では、どうすれば早くできるようになるのか?

まず、わかる。

そして試す。繰り返す。

これだけです。

そして、繰り返していけば、上手になっています。しかも、楽しみながら、です!

早くできるようになって、早く楽しみ始めて下さいね。私がお手伝いいたします。

 

<声楽スタンダードコース(初心者)>

1 体(楽器の準備として)

(1)体・ほぐし 首—肩・わき—背中—股関節

(2)体・つくり 足、手のグー・パー

2 うたう

(1)足の裏からしっかり立つ

(2)おなかを固くせずに立って呼吸し、声にしていく

(3)声の出始めを探して、ひびきを安定させる

(4)自由にうたう

(1)〜(3)は、ある程度できてから次に進み、できたことはクオリティを高めていく。うたったことで、自分の体をより敏感に感じ、うたう前より楽で自由になった体を味わう。レッスン前より緩んで整った体でうたったことが、今までと違う体の使い方のルートを体に覚えさせる。

 

<弾き歌いピアノ入門コース全3回>

まずは、ハ長調。弾いて歌えるようになります。

《わかるようになること》

(1)楽譜のルールをわかりましょう。

まずは、5つの音の位置を覚え、音符をグラフのようにイメージし、指を動かします。(バイエル70番程度までの内容)

(2)左手のが宇譜を読まずに弾くために、コードネームを3つわかりましょう。

(3)ブラインドタッチで弾けるようになるために一つの仕組みと指の形を覚えましょう。

《レッスン曲の例》

(1)「ちょうちょう」で左手の楽譜を見ずに、2つのコードで伴奏を弾いてみます。

(2)「きらきら星」で左手の楽譜を見ずに、3つのコードで伴奏を弾いてみます。

(3)「どんぐりころころ」「こぎつね」「大きな栗の木の下で」で右手の楽譜を見ればいいので、指替えも余裕でできます。など

 

<弾き歌いピアノ応用コース全3回>

移調ができるを目指します。

《わかるようになること》

(1)付点のリズム・三連符について数え方がわかる。

こつは、数えながら弾くこと。慣れると、自分でリズム通りに弾けるようになります。(バイエル終了程度までの内容)

(2)セブンスコードについてわかりましょう。指の形も覚えましょう。

(3)ハ長調以外のキー(♯2つ・♭1つ)と移調する仕組みをわかりましょう。

《レッスン曲の例》

(1)「かたつむり」「おはよう」「おかえり」「おべんとう」で付点のリズム・セブンスコードを試しましょう。

(2)「世界中の子供たちが」で三連符を試してみましょう。

(3)「雪」でニ長調を試しましょう。

(4)「むすんでひらいて」を違うキーで試してみましょう。

など

それぞれ、私が大学のこども学部でレッスンしている、一人10分程度を7、8回分の内容です。

時間のない現役の先生方も、冬休み中にこっそり上手になりたい方もお受け頂けるように、50分×3回のレッスンで組んでみました。進み具合によっては、歌のアドヴァイスも可能です。

(楽譜等資料は、こちらでご用意いたします。)

1クール  20,000円

1名〜3名グループまで、金額を変えずにお受け頂けます。

また、3名以上の出張グループレッスンも可能です。お問い合わせください。

 

<受講者の声>

♬腹式呼吸も、姿勢も正しいと思っていたことと違っていました。思い込みって怖いですね。「錯覚がたくさんある」と先生が仰いましたが、そうなんですね。(50代女性)

♬楽譜の読めない私が歌を習うなんて、そんなことが人生にあるなんて思ってもいませんでした。小学生の頃のつらい思い出もあり、その事がずっと引っかかっていました。でも、始めてみるとその出来事が、本当は大人の感覚で先生が伝えたことを子供の自分が勘違いしていたのだとわかりました。そして、その頃から、歌いたかった自分を今、解放している気分です。(60代女性)

♪合唱団では、男声でもあり大きな声や強い声を要求されていました。一人で歌うとなると、大きく響く声にするために一旦、大きい声は封印されました。不本意でしたが、その効果が現れると、一息が長く、楽に美しく歌えることがわかってきました。今後、大きく響く声になるそうで、楽しみです。(70代男性)

♬オペラ団体に所属していましたが、音声障害になりました。怖くてお医者様にも行けずにいました。こちらでは、体をきちんと使う発声法を、体の事から教えて頂きました。声を保つためのトレーニングも一緒に考えてくださいました。これからも歌い続けて行くために、助けになることばかりでした。(30代女性)

♬合唱をしていましたが、結婚・出産のため退団しました。声楽を習うことはこれからしたい3つのことのうちの一つでした。外国の曲をその国の言葉で歌うことは、言葉の響きと相まってすばらしいことだと感じていましたが、こちらでは、なんとチェコ語で歌うチャンスを頂きました。まだまだ知らない素敵な曲があるのだと、今後が楽しみです。(40代女性)

♬ポップスやシャンソンや、もちろん声楽も経験がありました。しばらくお休みしていましたが、こんな近くでこのようなお習い事ができるなんて、びっくりです。(60代女性)

♪(沖縄の)島唄も習っています。こちらでは、学生時代に学んだフランス語での歌にも挑戦しています。カレーラスが大好きで毎年聴きにいっていますが、今では彼が歌うアリアと同じ歌も勉強中です。(60代男性)

♬わらべ歌が大好きです。先生はチェコスロバキアの民謡を紹介して下さり、楽譜も下さいました。内容を伺って、自分で日本語詞を付けてみました。子供たちにも好評です。(60代女性)

♪私はテノールだそうで、声が高いのだそうです。図書館などで楽譜を探すのですが、そのような一般的な譜面では、キーが合わない事が多いです。こちらでは、いろいろな楽譜を探してくれます。キーなんて、そう違わないだろう、と思っていたのですが、試してみると違うものですね。(70代男性)