Enjoy the true!

サロンコンサート2019

ソプラノ 杉森のりこ ピアノ 宮澤亜希子

▼19世紀末から20世紀初頭にかけて、ハプスブルク帝国が崩壊に向けて秒読みが始まる頃、首都ウィーンでは700年の伝統と他民族の文化が混じり合い、かつてない文化の隆盛を迎えていました。
▼今回のサロンコンサートでは、爛熟期のウィーン文化を彩った作曲家ドヴォジャーク、ヴォルフの作品を歌います。また、彼等に少し遅れて登場したトルナウスキーや岡野真一、中山晋平ら日本の作曲家たちの作品を取り上げます。
▼なお、東京建物八重洲ホールは2002年から利用させて頂きましたが、営業終了に伴い、今後はホールを変えて新たな出発となります。最後にホールへのノスタルジアとしていくつかの曲を選んでみました。
▼このサロンコンサートは、ヨーロッパへの研修成果をまとめ、声楽家自身の芸術活動のメルクマールとして、一年から一年半に一度、開催して参りました。芸術的な達成を重視すると、普段行っているような親しみやすいコンサートからは少し外れてしまうかもしれません。しかし、本来、高い芸術性は高い幸福感をもたらすものだと信じています。皆様が「聴いて良かった」と感じて頂けるよう精一杯努めて参りますので、ご多用の折とは存じますが、お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

▼日時:2019年11月4日(月・振替休日)14時開場 14時30分開演
▼会場:東京建物八重洲ホール
▼チケット:4,500円(前売4,000円 学生2,000円)

▼演奏予定曲
ドヴォジャーク作曲 歌曲集「夕べの歌」より(チェコ語歌唱)
ヴォルフ作曲 歌曲集「メーリケの詩集からの歌曲集」より(ドイツ語歌唱)
トルナウスキー作曲 歌曲集「小さな花々」より(スロヴァキア語歌唱)
ゴンドラの唄、宵待草、アヴェ・マリア、他
曲目は変更の場合がございます。